読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金子支配人

21日(水)
『研究生公演』
本日は、水田詩織18歳の誕生日&生誕祭!!


セレモニー手紙は梅山恋和(557)より
「初めて詩織ちゃんを知ったのは最終セレクションのレッスンの時やったかな?
ふと見たら詩織ちゃんが1人でいて、
正直ココナは『えっ!?めっちゃ変わってそうな人いるな』って思ってたよ。
それにちょっと恐かったです(笑)
個性が強いから『この人絶対に受かるやろうなぁ』ってずっと思ってたら、やっぱり受かってた。
5期生がお披露目されてから約半年が過ぎたね。
この半年間、いろんな事があったよね。
やっぱり1番大きいことは研究生公演が始まったことかな?
研究生公演が始まると聞いて喜んでいたら、全員が出られるわけじゃなくて…
初日メンバー発表の時に次々と名前が呼ばれていき、
詩織ちゃん、美音ちゃん、ココナの名前は呼ばれませんでした。
あの時、悔し過ぎて一緒に泣いたのを今でも覚えています。
初日公演へ向けて選ばれた12人の横で
たった3人ぼっちのレッスンをして、ココナは本当に心が折れそうでした。
でもこのままやったらダメだと思って、3人やけど12人より目立ってやろう!!
うまくなってやろう!!って大きな声出して負けないように踊っていたら、
ダンスの先生に『3人の方が声出てた!』ってほめられて嬉しかったなぁ。
それでもやっぱり初日に出られなくて、3人で見学していた時、
めっちゃ悔しくて涙が出てきて、一緒に泣きながら見たよね。
だから次の公演で3人共が一緒に初日を迎えられた時は凄く嬉しかったです。
詩織ちゃんは表情が豊かで、笑顔が抜群に可愛いから、
パフォーマンスを見ているとこっちまで楽しくなるよ。
会うと必ず『可愛い』って言ってくれてありがとう。
見た目は年より幼く見えるけど、ダメなときはちゃんと叱ってくれるので
やっぱりお姉さんだなぁと思います。
ツンデレなココナやけど、嫌にならずにとことん可愛がってあげてね。
これからも悔しい思いをすることがあるかもしれないけど、
きっと良い事の方がたくさんあるから『がむしゃらにいったるけん』のパワーで頑張ろうね。
今日ぐらいしか言えけんから良く聞いてね!!
詩織ちゃん大好きの反対の反対♡」



続いての手紙は水田のお母様より (代読:山本彩加)
「月日が経つのは早いもので、お母さんにくっついていないとずっと泣いていた赤ちゃんが、
今では自分の夢へ向かってしっかりと立ち歩み出している。
お母さんは、ちょっぴりの寂しさと、大きな頼もしさと、希望を感じています。
詩織の中には、まだまだ自分でも気づいていない色んな才能が眠っていると思います。
これからたくさんの人に支えられながら、様々なことを学び、努力し、
その種を芽生えさせ、花開かせていってください。楽しみにしています。
お母さんは詩織が何かに集中して怖いくらい真剣な顔をしている時も、
面白いことに前回の笑顔で笑っている時も、眠っている顔も、
泣いている顔もぜーんぶ大好きです!!
今では詩織の事を応援し、大好きだと言ってくださるファンの皆さん、
お世話になっているスタッフの皆さん、大事な仲間である5期生の皆さんがいますね。
これらの方々とは縁があって出会えたのだと思い、
いつも感謝の気持ちと優しさを忘れずにいて下さい。
素敵な女性へ成長していく姿を、たくさん、たくさん見せてくださいね。
(この道に進むことを最初は反対していたお父さんも、今では応援してくれています)」



続いての手紙は水田のお父様より (代読:山本彩加)
「お父さんにとって平成28年は激動の年でした。
カープ25年ぶりの優勝、そして詩織のNMB48 5期生合格。
詩織が5期生に合格して、改めて思うことがあります。
あなたを『詩織』と名付けたことです。詩織の詩は『自分の思い・気持ち・考え』、
詩織の織は『はた織りでリズムよく布を織るイメージ』、
自分の思いをどんどん表現できる人になってほしいと名づけました。
一歩近づいたかな?歌、ダンス、演技など表現方法は色々あるけど、
詩織の思いをファンのみんなに沢山届けてください。
お父さんはカープから多くの感動をもらっています。
選手の頑張っている姿を見ていると力が湧いてきます。
詩織のたくさんの思いが伝わって、喜んでもらえて、
そこから何か新しいものが生まれたらすごいな。まぁ体に気を付けて!」



本人コメント
「私がNMB48を受けようと思ったのは、
普通に高校に通って過ごしていて進路を決めなくてはいけなくなった時に、
“アイドルになる”という事以外のやりたい事が見つからなかったからです。
勉強をしなくても済むから、この仕事を始めてみたけど、
いざ入ってみると、勉強しておけば良かったと思ったりする時もあります。
たった半年だけだけど、グッズの売り上げとかチェックしたら、
『私わざわざ愛媛から出てきたのにこの半年なにやってたんだろう』って思ったりしました。
でも今日、こんな素敵な人達に祝ってもらって、ここに来て良かったと思いました。
勉強よりもこっちを選んで良かったと思いました。
見た目は大人、中身も大人な人になりたいと思いますので、
これからも応援宜しくお願いします。」



5期生最年長、おっとりマイペースに我が道を進む水田。
グループ初の愛媛県出身メンバー、
NMB48のみかんがどのように熟していくのか楽しみなものです。
どんどん水田ワールドを出して、
その個性を活かして行きましょう!!
おめでとう~


本公演の日直は、水田詩織が担当しました!!


研究生公演へご来場くださった皆様、
生誕委員の皆様、誠にありがとうございました。